ほっといたら大変 健康を害す高血圧

高血圧が健康に良くない理由として、心臓や血管に負担をかけやすくなることです。その情報として現れます。

高血圧が健康に良くないと言われる理由

庭に水をまくときに水道管にホースを繋げると思います。蛇口をひねると水が勢い良くホースの先から出てくれます。新しいホースであれば、それほどたくさん水を出さなくても、曲がりくねったホースを伝って出てくれます。でもしばらく放置しておいたホースなどではなかなか出てくれないことがあります。ホースの中にゴミが溜まっていたり、ホース自体が弱っている部分もあるようです。新しいものと同じ勢いにするには、蛇口を余計にひねらなければいけません。

高血圧が健康に良くない話をするときに、血管について、ホースを例に上げることがあります。柔軟性のあるホースであれば、それほど送り出すのに力がいりませんが、柔軟性がなければ勢いが必要になります。その勢いを付ける部分は心臓になります。しっかり全身に流そうとするので、心臓がいつもよりも力を入れて動かなければいけなくなります。普段よりも動くことがあれば負担が増えることになり、心臓に対する病気につながってしまうのです。

血管が詰まったり、血管が硬くなってしまうと、十分に血液が流れなくなる、詰まったものがどこかで詰まってしまう、血管が破けてしまうなどのことが起こりやすくなってしまいます。そのことを事前に知らせてくれるのが血圧の状態になるのです。毎日測っていて、たまたまある日だけ高いのは問題はありませんが、高い状態が続いているのであれば、なぜ高いのかの原因を調べたいです。高いから、低くすればよいものではありません。

お勧め情報

Copyright (C)2017ほっといたら大変 健康を害す高血圧.All rights reserved.