ほっといたら大変 健康を害す高血圧

健康管理と高血圧の関係などを、実例などから見た、いろいろな面からの注意点などを簡単に書いてみました。

健康管理と高血圧の関係

最近、知り合いの健康オタクというほどの男性ですが、高血圧でびっくりしてしまったそうです。その人は健康に関しても品行方正で、運動は毎日欠かさないですし、食事も規則正しくしていますし、酒もタバコも飲みません。塩分も控えめですし、とても長生きするだろうとまわりも話しているような人です。その奥さんとこの前話しましたが、病院に行って血圧を測ってみたら上が170で下が120だったそうで、高血圧ですねと医者から言われてとてもショックだったとかで、ダメージが大きすぎてしばらく立ち直れなかったとか聞きました。そこまで色々していたり、食事も自然食で、自分で無農薬野菜を栽培しも摂っていたのにということですからたしかにショックでしょう。

多分体質や遺伝なども関係しているのでしょうが、そのような場合もありますので、決して過信せずにすべきことをしながら、血圧の管理もしなくてはいけないのが中高年の健康管理だと思います。またその人も神経質で、それ以来簡易血圧計を肌身離さず持っていて、いつも計っているそうで、それも健康に悪いのではないかと奥さんは話していました。血圧は常に変化するものですから、そんなことをするよりも塩分を控えたり、料理を工夫したりするほうが重要ではないかと思います。多分神経質すぎて血圧が上がったのかもしれませんが、自信過剰はやはりいけないだろうと思います。遺伝や体質もありますから、よく医者の検査を受けて相談しながら健康管理をするのが良いと思いました。

お勧め情報

Copyright (C)2017ほっといたら大変 健康を害す高血圧.All rights reserved.